« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

夏のしあわせ

桃がたべられるいい季節です。

これはoさんが作った桃。父が送ってくれました。
おすそ分けした知り合いから「こんなにおいしい桃はじめて食べた」と言われて、私の手柄みたいに鼻高々です。
oさんはお米も果物も野菜も生産されている農家さんで、oさんちのものはなんでもおいしいのです。

今年は天候が不順で大変だそうですが、ファンが増えてます。
oさん、ますますお元気で。

Photo_5

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールがおいしい場所

たくさんありますが、お気に入りのひとつが野球場です。
早めに出かけて、試合前の練習を観ながら飲むビールは、本当においしい!

各球場の名物おつまみも楽しみだし、
デイゲームの日射しや、ナイターの暮れていく夕日と照明もいいものです。

ごひいきチームや好きな選手が活躍したら、さらにうれしい。負けたらすぐに反省会に移れるし、言うことなしです。

ただ…

雨天時は、ビールが増えます。

Photo

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

お米の…

米粉をたくさんいただきました。
小麦粉に3割混ぜて、くるみとレーズンのスコーンにしました。
さくさくほろほろして、甘味があるようです。
シフォンとロールケーキがおすすめらしい…。楽しみ。

Photo_5

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ひきつづき

赤い食べ物。

ロシアのレシピサイトや料理本をみると、ボルシチの作り方って本当にたくさんあるようです。

『必ず入れるべき材料』にはビーツ、トマト、じゃがいも、たまねぎ、きゃべつだそうなので、それにチキンとソーセージを。これも『必ず』のサワークリームを添えました。

『日本のおみそ汁みたいなもの』とおっしゃったロシアの方もいらしたので、おうちの味がいちばんなのかなぁと思います。

家族には好評でした。理由は『お店より具がいっぱいだから。味も好き。』

好き嫌いなく、何でもおいしく食べる人に育てたハハはすばらしい。

Photo_4

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

なにもおこらず

皆既日食。
空を見上げる。

曇り。
「かわんないねぇ~」と、ご近所さんと顔をみあわせておしまいでした。

あとでニュースを見たら、暗くなったり、涼しくなったり、動物がいつもと違う行動をしたり…
いろいろ起きていたようで。
体験できた方良かったですね。

動物いつもと違うって…
おとなり犬は日食には全く変化なし。
いつものように、毎日来る郵便やさんと新聞屋さんには元気に吠えかかっていました。
おまぬけかも。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

すぷらっ…た?

産直でビーツ見つけました。
100円也。

以前はデパ地下やら輸入食材屋さんに缶詰、たまに生っていうイメージでしたが、ここ2年くらい、時々出会います。
うれしい。

とりあえず今日はビネグレット。
マヨネーズ入りとなしのレシピがあるようですが、これはマヨネーズ入り。
絵の具みたいなピンクです。
が、写真が…伝わらないのが残念です。

ゆでビーツを切る様子を見た家族は
「ひ~スプラッタ…」とつぶやいておりました。

Photo_2 Photo_3

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

くるりん

久しぶりのロールケーキ…ブカッコウ。
スフレ生地のスポンジでシンプルに巻きました。

ロールケーキって小さいころ、かなりうれしいおやつでした。
今みたいには、いろんな種類のケーキがなかったのか、知らなかったのか…

少し大きくなったころには、もっと難しい名前のはやりのお菓子が好きになって、ロールケーキとも疎遠に。

金欠学生のくせにオーブンを買ったころは、何度も作りました。
切り分けるから人数増えても平気だし、お皿とフォークなくても食べられるし。
散らかった資料にあふれる研究室に集う、なぜかいつもお腹減ってる学生達(自分です)が目に浮かびます。

おいしいたまごとおいしい粉でつくる、「ふだんのおやつ」という感じが好もしい。
Photo

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお菓子

お土産。
浜松には行ってないと思うけどうなぎパイとマカロン。

うなぎパイの材料をじっと見る。
うなぎ入ってるのですね。カタチだけかとずーっと思ってました。

変わらずおいしいです。

Photo_2 Photo_3

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »