« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

冬休みの

Photo Photo_2

絵日記にするとかで、粉あそび。バタークッキーを型抜きしてパズルみたいに。

こどものあったかい手でも、冬はすこし安心。
準備から始まって、だいぶ自分でできるようになりました。

薄力粉(ドルチェ)150g、バター100g、卵黄1個、グラニュー糖80g、バニラビーンズ
チョコレート生地は薄力粉100gとココア40gで置き換え。
1cm弱の厚さ、160度15~18分

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   レーズンバター

Photo ウイスキーやワインに合うと思うなぁ。

無塩バター100gを室温に戻して練り、ラムに漬けておいたレーズン大さじ5を混ぜる。ラップで包んで棒状に整え、冷蔵庫で落ち着かせる。
分量はお好みです。有塩バターのもおいしい。

バターが大好き。パンにも塗る…というより、うす切りをのせるのが好き。
黒パンやライ麦パンに、パンと同じ厚さに切ったバターをのせる…うっとり。あとが怖いけど。

泣く大人、レーズンバター食べたくなります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

Photo_2

なつかしい感じのバタークリームのお菓子。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

もちもち阿闍梨餅

Photo_9 京都のおみやげにいただいた満月の阿闍梨餅。
もちもちの食感に、おいしいあん。うれしいおやつです。

 


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   さといも煮

Photo寒い寒い。毎日真冬日です。
冬の初めにはいつも、「毎年こんなに寒いんだっけ?」と思います。

【材料】さといも1袋、だし2カップ、しょうゆ大1、みりん大2、砂糖大1/2

さといもは皮をむき、水からゆでこぼす。だしとみりん・砂糖と5分くらい炊いたらしょうゆを加えて落としぶたをしてことこと。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も真冬日

Photo_2この冬最大の寒気団に覆われているそうで…
もれなくこちらも冷えています。

朝ごはんのレーズンパン。

クオカのふさ干しレーズン入れました。このレーズン好きです。
ワインやラムと一緒にそのまま食べたり、レーズンバター(コレは食べ過ぎ注意!)にしたり。自家製のぶどう種酵母おこしにも。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   ぬか漬け

Photo_6正真正銘、真冬日です。スキー場は一安心ですね。

もっと寒いところ、かつ、いわゆる古民家に住んでいる知人は「ぬか床は凍らないように冷蔵庫に入れる」と申しておりました。

うちのぬか床も帰省に備えて準備をせねば。
といっても、入ってる野菜を全部出して(古漬けも忘れず)、水分をとり、表面に多めの塩をして、冷蔵庫へいれるだけ。
これで、10日位大丈夫みたい。

一度、念を入れすぎて冷凍したら(できるそうですが)、復活して好みの味になるまで、かなりの期間を要しました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

次はなに色

「トリノ五輪は白、北京五輪は赤、さて2010年バンクーバー五輪は?」
なんのこと?ってお思いでしょうが、答は青。ロシア選手団の公式マスコット、チェブラーシカです。

何度みたかわからないお気に入り。



ブログネタ: お気に入りの映画DVDを教えて!参加数

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   キャベツのカレー煮

Photo_3

イメージはそば屋のカレー味。

【材料】キャベツ1/4個、油揚げ1枚、カレー粉大1、しょうゆ大2、みりん・さとう各大1、だし汁1/4カップ

キャベツと油揚げは3㎝角に切る。全部鍋に入れ、ふたをしてときどき混ぜながら、煮汁が少なくなりキャベツがくったりするまで煮る。

続きを読む "きのうのおつまみ   キャベツのカレー煮"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   長ねぎのスープ煮

Photo_5 ぴーんと冷たい空気。もしかして真冬日かもしれない。
寒くても、甘いねぎが食べられると思えば、きれいな冬はますます楽しい。

【材料】長ねぎ2本、白ワインまたは酒大2、コンソメキューブ1個、(好みできのこ適量)、黒こしょう

長ねぎは3cm長さにぶつ切りして、調味料とひたひたの水と鍋へ。弱火で15分煮る。器にもって黒こしょうをひく。

あたたかくても冷やしても。
ピクルスと盛り合わせたり、ホワイトソースやチーズをかけてグラタンも好みです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の読書

乱読の一年でした。まわりにもすすめたのはこのふたつ。

「ハチはなぜ大量死したのか」 ローワン・ジェイコブセン

図書館でちょっと立ち読みのつもりが「養蜂家の巣箱から働きばちが失踪…」とミステリーのような展開に止まらなくなり、帰宅後一気に読みました。みつばちの生態や果たしてきた役割、人間の関わり方など非常に興味深い。店頭でふと手に取った食材、食事するその一口について、じっと考えたくなりました。 それから。みつばち飼いたくなります!


「風花」 川上弘美

ゆるゆると流れる日常のもどかしさに息苦しくなったりぼんやりしたり。川上さんの空気感が好きです。 川上作品のものを食べる・飲む描写も好み。

ブログネタ: あなたが今年、読んで良かったと思う本は?参加数

| | | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   いかにんじん

   Photo_4

いかにんじん。地元ではおせちの定番。家族みんなで全国区だと思ってたけど、郷土料理のようです。日本酒に。

【材料】するめ半分(足は入れない)、にんじん1本、漬け汁(しょうゆ大2、酒・みりん各大1、だし昆布5㎝位、たかのつめ1本)

するめはキッチンバサミでせん切り(これが大変。切ったのも松前漬け用として売っています)、にんじんもせん切り。
保存容器にいれ、調味料と昆布を加えて、軽い重石かラップで落としぶたをする。半日くらい後から。

郷土料理だけあって、おうちによって作り方も味付けも微妙に違います。
友だちは調味料を合わせて一度煮切るそうですし、母もしょうゆと同量の水を入れて沸騰させてから作っています。私のは、ばあちゃんレシピ。

するめが余ったら玉こんにゃくのだしにするとおいしいですよ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   レバーのパテ

 Photo_2

 おちびさんの頃からレバー好き。「この子はのんべえになるね」と言われてきました。もちろん期待にそっております。

【材料】鶏レバー200g、鶏ハツ200g、ソーセージまたはベーコンなど好みの量、玉ねぎ半個、たまご1個、にんにく1かけ、パセリひとつかみ、塩小さじ1/2、ナツメグ・こしょう各少々

レバーとハツはそうじして血抜き後水気をしっかりふき取る。適当に切って他の材料と一緒にブレンダーやフードプロセッサーにかける。なめらかさは好みで。耐熱容器に移し、180度で40~60分。あら熱をとってから。
切り分けたいときは、材料に豚ばら肉などを足して、パウンド型にベーコンをしいて焼く。冷蔵庫で一晩冷やすときれいに切れます。

続きを読む "きのうのおつまみ   レバーのパテ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   玉こんにゃく

Photoはふはふ食べるのがおいしい玉こん。日本酒と仲良しかと。

しょうゆ・みりん・水を同割で煮立て、あく抜きしたこんにゃくとするめ(5センチ角くらい)を入れて、くつくつ煮る。

チチによれば、するめがポイント。おつまみ用でなく、ただのするめ。足は不可。
山寺の、階段に疲れて休憩に食べるあの味に近づきます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   ゆばとたらきくのグラタン

Photo
たらきくが出てます。まずはグラタンに。
たらきくと玉ねぎをワインで蒸し煮して、ゆばとあわせてホワイトソースとチーズで焼きました。

たらの白子を「きく」って全国的に言います?
てんぷらも鍋もいいですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   にんじんスティック

Photo 切っただけ。ディップは味噌とオリーブオイル、こしょうをぐるぐる。

ラビフーと笑いながらも、とりあえずの一皿。
台所で、なに食べるか相談しながら飲むのにぴったりかと。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   キャベツ煮浸し

Photo_2旬ですね。買ったとたんに到来もの。

キャベツは一口大、さつま揚げは1cm幅くらい。鍋に、しょうゆ・みりん・だし汁少しと一緒に入れて、ふたをして、ときどき混ぜながらしんなりするまで煮る。

大きなキャベツもあっという間。しみじみ系のおつまみ。

スーパーにもコンビニエンスストアにもサンタさん。

続きを読む "きのうのおつまみ   キャベツ煮浸し"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   きのこの煮たの

Photo

快晴です。山がきれいです。
ぴーんと冷えた冬の空気になってきました。いい季節だ。

【材料】きのこいろいろ(えのきだけ、まいたけ、しめじ、なめこ各1パック、しいたけ3個位)、しょうゆ大3、みりん大2、水大3

食べやすく裂いたきのこを鍋に入れ、調味料を加えて水気が少なくなるまで煮る。味付けはお好みで。
豆腐に乗せたり、ほうれん草とあえたり、蒸かしたじゃがいもにのせたり、そのまま食べたり…おつまみの素です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

年末準備

      Photo_2          

年末年始の留守に備えて、パン用に継いでた元種を整理中。
で、おやつはマフィン。ブルーベリーとチョコチップ&かぼちゃの種。

あとは年内のパンはこだま酵母です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   ターサイの雪花

Photo「師走なのに雪降らないね」と話していたら…吹雪です。積もるかな。

ターサイをざくざく切って、さっと炒め、水切りしてくずした木綿豆腐をいため合わせ、しょうゆとみりんで味付け。

ごはんにのせるのも楽しみ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ   手羽と大豆の煮物

Photo_3手羽先をこんがり焼いて、大豆とねぎと一緒に、しょうゆとオイスターソースで煮ました。

「ビンボーDeli.」のレシピです。
川津幸子さんのこのレシピブック、だいぶ前に購入して以来、まいにちのゴハンに活躍してます。豚ばらと鶏レシピが充実です。

最近、家族がこの本を見ながらビール片手に料理してるのがオカシイ。

ビンボーDeli.

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »