« 成人の日 | トップページ | きのうのおつまみ  大根の甘酢漬け »

きのうのおつまみ  いかの塩辛

Photo実は、おちびさんのときから好物でした。

いか(お刺身用)は足・わたをぬき、身は皮をむいて細切り。
わたは塩をたっぷりまぶしてざるにのせ、冷蔵庫で半日から2日位置く。
わたの薄皮を取り、ざるなどでこしていかの身とあわせる。塩が足りないようなら足す。

すぐ食べられますが、なじむとよりおいしい。
ハハは、わたが余ったときたっぷり塩をしてとっておきます。次に塩辛作るときすぐできます。
足は炒め物などに。

塩辛もおうちごとに違いますよね。

皮をむくかどうか、足を入れるかどうか…。ゆずを混ぜたり、たかのつめが入ったり…。父の飲み友達のおじちゃんちでは、味噌塩辛でした。塩だけより、さらにこってり濃厚なかんじ。
北海道の友だちにならった「蒸かし芋の塩辛のっけ」、はじめは恐る恐る食べてみたけど、塩と魚介のうまみがしっかりして、おいしいおつまみです。

| |

« 成人の日 | トップページ | きのうのおつまみ  大根の甘酢漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きのうのおつまみ  いかの塩辛:

« 成人の日 | トップページ | きのうのおつまみ  大根の甘酢漬け »