« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

きのうのおつまみ  ラタトゥイユ

Photo

【材料】なす3本、ズッキーニ1本、ピーマン2個、たまねぎ1個、にんにく1かけ、トマト水煮缶1個、オリーブオイル大さじ3、塩小さじ1弱、こしょう少々、タイム・オレガノ・セージ各一枝

なすは長さ4cmのたて6つ割りにしてさっと塩水にさらす。
ズッキーニも同じように切る。
ピーマンは4cmの細切り、たまねぎは2cm角に、にんにくはみじんに切る。
鍋にオイルを温め、なすとズッキーニを炒めていったん取り出す。
オイルを足して、たまねぎとにんにくを炒め、香りが立ったらピーマンとなす・ズッキーニを加える。
塩こしょうしてトマト缶・ハーブも加え、ふたをして15分ほど煮る。

レシピブログ参加してます♪

Photo_2

レシピブログの「やずやの雑穀畑」を使ったヘルシーレシピモニター参加中!

やずや「雑穀畑」いただきました。
ラタトゥイユと一緒に食べました。
そのまま食べるとさくさく香ばしい。ラタトゥイユに割りいれると、ソースになじんでちょっとリゾット風に。
1食分約80キロカロリーとか。しっかり食べ応えがあってうれしいです。
ごちそうさまでした!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ  なすのみそ炒め

Photo_2

【材料】なす3本、ピーマン2個、一味唐辛子少々、みそだれ大さじ1強、サラダ油

なすは4cm長さの細切りにしてさっと塩水にさらす。
ピーマンは細切り。
鍋にサラダ油を温め、水気をふいたなすとピーマンと炒める。
みそだれを加えてざっと混ぜながら炒め、一味唐辛子をふる。

□□みそだれ□□
【材料】みそ200g、砂糖大さじ3、酒1/4カップ、みりん1/2カップ
材料を混ぜて火にかけ、沸いたら弱火で5分ほど混ぜながら煮る。
焼きおにぎりやみそ味の和え物に便利です。

レシピブログ参加してます♪

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおやつ  温泉パン

Photo_3

3月の地震以来、絶えずどこかに空腹感があります。
これは「日持ちして買い置きに便利」といただいた「温泉パン」。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうのおつまみ  大根菜の炒め

Photo

干し大根菜と高野豆腐を炒め煮に。

【材料】干し大根菜片手に一杯強、高野豆腐一枚、ツナ缶(小)1個、しょうがひとかけ、サラダ油小さじ1、めんつゆ大さじ1と1/2、しょうゆ少々

干し大根菜はたっぷりの水で戻し、絞って食べやすく切る。
高野豆腐は戻して小さめの短冊に切る。しょうがはみじん切り。
鍋にサラダ油を温め、しょうがを炒める。
香りが立ったら大根菜とツナ缶を加えて炒める。
油がまわったら高野豆腐を加え、めんつゆを入れて、汁気が少なくなるまで炒め煮する。
味を確かめ足りなければしょうゆを。

レシピブログ参加してます♪

梅雨を越しちゃった乾物一掃週間に入っております。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

4ヶ月たちました

Photo

ニゲラももう終わり。いまはゴーヤの花がたくさん。

また地震が増えてます。
少し慣れっこになっているのか、震度4の駅構内もあまりざわつきもせず…。

駅といえば、震災後、私の最寄り路線は5日程運休しました。
復旧後は臨時ダイヤでの運行、ガソリンが買えないことも影響してか、
この辺には有り得ない混雑ぶり。
「手を離しても落ちないバッグ」を久々に体験しました。
かなりの混雑の中でしたが、そこには、一緒にこわい思いをした者同士の
なんとはなしの連帯感、のようなものがあった気がします。 さりげなく妊婦さんの盾になる高校男子や、
年配の方に席を譲るお嬢さんや、
グラッときて(これがきたんです何度も)知らない隣同士かわす
『揺れましたね』、『大丈夫そうですね』の会話。
普段の何倍も混んでるのに、通勤電車にありがちな殺伐感がなかった…ような。

だんだん混雑も解消され、ふだんに近づきつつありますが、
たしかにみんな助け合わなきゃ、という空気があったのです。

迷走するどこかを見て、ふと思い出しました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、夏休み

なかなかに心の晴れない日々です。
でもキャンプ行きます。
最愛のキャンプ場は跡形もないけれど、子ども達をキャンプに連れて行きたいのです。
ことしはゆっくり林間キャンプ。
デビューの小さい人には、こっそりこの本貸してあげました。

冒険図鑑―野外で生活するために」。
安全に楽しく野外ですごすための知識がいっぱい。
1985年の新しくはない本ですが、読むたび新しい発見があります。

夏休み楽しもう。
また毎日乗り越えられるように。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

そうか、雑食動物か

2月末に一気に読んで、これはイイぞと思っていたら、地震がきてこんなことに。
今頃ですが最近面白かった本が「雑食動物のジレンマ ──ある4つの食事の自然史 上・下」。



アメリカ人の体のかなりの部分がとうもろこしでできている(!)ことを確かめる旅からスタート。
個人的おすすめ本の基準、おいしそうなものはなかなか出てきません。
ジャンクなものへの食欲をなくしながら読み進むと・・・ちゃんとありました。完璧な食事。

自分が毎日食べている食べ物(らしきもの)が、本当は何からどんな風に作られているのか。
生産者の顔が見えるとはどういうことか。

一気に読めます。
参考文献がきっちり挙げられているところも非常に私好み。
ぜひ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »